2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
フォト

バナー

« 備えましょう | トップページ | 神棚をデザイン »

2015年7月21日 (火)

社員旅行へ...@鎌倉



こんにちはshine

先月の梅雨真っ只中の週末に、毎年恒例の社員旅行へ行って参りました。

ラッキ-な事にこの日は朝から大変いいお天気sun

北鎌倉駅集合で出発致しました!!

今回は幹事のIさんの旅プランで、事前に下調べまでして下さって

いました。その甲斐もあって、迷うことなく今回の旅の本命でもある

紫陽花で有名な明月院へ到着happy01

この日は紫陽花が丁度見頃ということもあって大変混雑していましたsweat01

2015_456


2015_4692


Img_17242


20150613_0900262





次に、禅宗(臨済宗)の寺院の格式を示す制度「五山の制」で、

「鎌倉五山」の第一位に列せられている、格式の高いお寺『建長寺』へshoe

総門をくぐると立派な山門が目に入ります。

山門脇にある大きな「梵鐘」は円覚寺・常楽寺の鐘とともに、

「鎌倉三名鐘」の一つで国宝でもありますflair

2015_4762_3


2015_4832_2


2015_4842


20150613_1003162



朝からたくさん歩いてお腹も空いてきたところでランチタイムrestaurant

今回のランチは『ぬふいち』さんでス-プカレ-shine

鎌倉野菜がメインのヘルシ-なカレ-はお野菜をそのまま食べても

おいしくて、ス-プを合わせると格別でしたdelicious

Img_03852



午後は扇が谷・化粧坂切通しを通り源氏山方面へshoe

銭洗い弁天までの近道を通りましたがこちらは急斜面が100mほど

続きました。山登り気分で食後の運動には最適ですdash

途中の源氏山公園を散策し、『葛原岡神社』へshoe

こちらには縁結びで有名な神様がいらっしゃるとの事で良縁をお参りして

参りました。そして、この神社にある「魔去る石」は「魔が去る」が転じて

「勝(まさる)」という事で、幸せを勝ち取る石のようです。

「魔が去る」よう皆願いを込め、この石に盃を当て割って参りました。

そして『銭洗い弁天』へshoe

洗ったお金はどうする事がいいのかと調べてみましたところ...

浄めたお金は世の中に回すことで、その福がやがて巡ってくる為、

感謝を込めて有意義なことに使えるようにする事が大切のようです。

Img_04002_3



最後の旅スポットは『長谷寺』ですshoe

残念な事に、紫陽花観賞は3時間程待ち時間があるとの事で断念bearing

しかし、長谷寺は見所が多数あります!!

「弁天窟」と呼ばれる洞窟はパワ-スポットとも呼ばれているようです。

洞窟の中は、弁財天様や十六童子が洞窟の壁面に掘られており、

童子には それぞれ御利益が得られるかが決まっているようです。

洞窟の中はひんやりとした空気で、大変神聖な場所と感じました。

2015_5072

そして、なんといっても観音堂に祀られる長谷観音『十一面観音像』の

大きさには圧巻でした。

黄金の本尊は高さ9.18メートルで日本最大級だそうです。

長谷寺から見える眺めもまた素敵でしたshine

2015_5022





観光はここまでで次は癒しの時間ですspa

江の島へ向かい『えのスパ』で足ツボマッサ-ジ体験を致しました。

皆それぞれ痛い場所や痛みの感じ方も違ったようですが、

私は大声を出したくなるような激痛でした...(不摂生?に反省sweat02)




今回の旅の最後のお楽しみの夕食は地元で獲れた鮮魚の

お寿司を堪能致しましたhappy02

『おさかな亭』さんはいわし料理が特に有名のようで

いわしのにぎりやつみれ汁も絶品で大満足でしたheart04

2015_5192

毎回幹事さんが練りに練って計画をしてくれる社員旅行ですが、

今回も大変充実した旅となり、RCIAの思い出がまた一つ増えましたnote


A

 

« 備えましょう | トップページ | 神棚をデザイン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169407/61882497

この記事へのトラックバック一覧です: 社員旅行へ...@鎌倉:

« 備えましょう | トップページ | 神棚をデザイン »

最近のトラックバック