2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
フォト

バナー

« マンションリフォーム | トップページ

2019年1月 7日 (月)

愛情を感じる日本家屋

みなさま、あけましておめでとうございますfuji

一同、またよりいっそうお客様の御要望や御期待に沿えるよう努力する所存ですので、本年もどうぞRciaをよろしくお願い致しますshine



Rciaの工事割合は圧倒的にマンションが多いのですが、もちろん戸建リフォームも承っております

昨年、あるお宅で床の軋みと沈みがあるというご相談を受け駆けつけましたところ、表面の床材が剥がれかけている上に、下地組部分も朽ちかけている様子が見られました

このままでは床が抜け落ちてしまう危険性もあるということで、床下へ潜り込み根太や大引から改修

新たに無垢の床材で張替え、畳もしっかり表替え

-before-
Img_3913

Img_3905_2
                     ↓
                       -after-Img_2782
Img_3352
-before-
Img_3925
                     ↓
                       -after-Img_2784
これならもう、床をしっかり踏みしめて頂いて大丈夫sign03

仕上がりに大変ご満足頂き、その後も半年ほどの間でいくつか改修作業を承りました

木材が経年劣化していた濡縁の交換wrench

-before-
20180414_110842
                     ↓
                       -after-Img_2802
近年の台風や地震など自然災害で重さが心配と仰られた和瓦の交換wrench

-before-
Img_3366
                     ↓
                       -after-Img_3726
同じく軋みと沈みが生じ、床の下地組からやり直すついでにトイレの交換wrench

-before-
20181029_153043
                     ↓
                       -after-
Img_4478
写真では少しわかりづらい部分があるかもしれませんが・・・

どれも劇的な変化や派手なリフォームではないにしろ、これまでの心地よさやお客様好みを維持しつつ、より快適で安全な空間へと生まれ変わりましたhappy01



聞けばこちらのお宅は戦後間もない頃に建てられたとのこと

そこから長年かけて少しずつ手を加えてこられたのかと思ったら、大変感慨深いものがございます

古いからと簡単に壊して建て直すのではなく、古き善きものを思い出と共に育みながら大切に住んでこられた日本家屋には、いつお伺いしてもお客様の愛情を感じます

そんな歴史に、少しだけ刻み込めるような仕事ができて幸せでしたheart01



        ✿mkw✿

« マンションリフォーム | トップページ

リフォーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169407/67567062

この記事へのトラックバック一覧です: 愛情を感じる日本家屋:

« マンションリフォーム | トップページ

最近のトラックバック